社協まつばら4月号を発行しました!

今月号にはボランティア活動保険、災害ボランティアの事前受付、まつばらピアセンター(障害者等相談支援事業)や助成金に関する情報等を掲載しております。また、昨年10月より取り組んできました共同募金の結果を報告させていただいております。たくさんのご協力ありがとうございました。
詳しくは、下記のURLからご確認ください。
http://www.matsubarashakyo.net/pr_magazine/pdf/magazine179.pdf

社協まつばら1月号を発行しました!

社協まつばら1月号を発行しました!
今月号は新型コロナウイルス感染症の予防に伴い、新しい生活様式に合わせた地域活動や取り組みについて掲載させていただいております。
他にも、前回より大好評の講座や教室の参加者募集、地域活動の様子なども掲載しておりますので是非ご覧くださいませ。
また、松原まつのみ吹奏楽クラブの部員の募集や、まつばらボランティアセンターからボランティアの募集の記事もございます。ご協力をよろしくお願いします。
詳しくは、下記のURLからご確認ください。
http://www.matsubarashakyo.net/pr_magazine/pdf/magazine178.pdf

12/14(月)からのフードドライブ活動について

フードドライブ活動のご理解、ご協力、誠にありがとうございます。
令和2年12月14日(月)から18日(金)まで、松原市役所 1階市民ロビーにてフードドライブ活動を実施する予定でしたが、令和2年12月15日(火)まで、大阪府の『レッドステージ(非常事態)の対応方針に基づく要請』に基づき、現時点では15日(火)までの活動を見合わせる予定です(※12/11現在)。
ご持参頂く方につきましては、16日(水)以降にして頂くか、社会福祉協議会(松原市役所 東別館)への持参、もしくはお電話(072-333-0294)下さいますよう、宜しくお願い致します。

防災イベント「イザ!カエルキャラバン!inまつばら」を開催しました。

共同募金から頂いた配分金により、コロナ禍ではありますが、楽しみながら身につく防災イベント「イザ!カエルキャラバン!inまつばら」を開催しました。コロナ禍においては全国2例目の開催でした。開催当日の約1か月前の10月18日(日)には協力団体のリーダーらを集め、事前説明会を通して取り組み内容と方向性の共有を行い、協働の意識を高め、さらにコロナ対策に十分留意したうえでの開催を行う旨を確認しました。

当日11月15日(日)のイベントは従来とは異なる事前申し込み制とし、班ごとに「1ブース15分」と限られた時間内での楽しく学ぶ防災体験を実施しました。大きな体育館を広く使ったり、ゲームで使用したカードなどはラミネートし消毒液で拭き取りやすくするなどの対策、また受付や各ブースには手指の消毒係や参加者名簿作成など、出来る限りの工夫を凝らしました。

今回は、水消火器体験、フェイスシールド作り、水害きせかえ、自宅避難グッズ暗記クイズ、毛布担架体験、カードゲームシャッフルの計6つのプログラムを実施し、加えて展示ブースを設け、防災・減災意識の醸成を図りました。

水消火器体験や毛布担架タイムトライアル、フェイスシールド作りなどを通して、子どもたち、親子が夢中になりながら楽しんで参加し、自然と防災・減災意識を身に付けることができたと思います。またこういうイベントを行ってほしいという声も頂きました。本当にありがとうございました。

社協まつばら10月号を発行しました!

社協まつばら10月号を発行しました!
今月号には共同募金や新たに始まる行事を掲載しております。興味・関心のある方は、ぜひご参加をよろしくお願いします!
また、まつばらボランティアセンターからボランティアの募集の記事も掲載しております。ご協力をよろしくお願いします。
詳しくは、下記のURLからご確認ください。
http://www.matsubarashakyo.net/pr_magazine/pdf/magazine177.pdf

フードドライブ活動にご協力ありがとうございました

8月3日(月)から8月7日(金)まで市役所1階ロビーでおこなっていた、松原子どもの居場所づくり
ネットワークのフードドライブ活動が無事に終了いたしました。
持参くださった方々は33名、個数は336個、総重量は118.3㎏となりました。
このコロナ禍で猛暑の中、ご協力いただき誠にありがとうございました。
松原子どもの居場所づくりネットワークを通じて、加盟団体の子ども食堂に届けました。

次回は12月14日(月)から18日(金)を予定しております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

フードドライブ活動にご協力下さい

松原子どもの居場所づくりネットワークでは、食品ロス削減の取り組みとして、各団体と連携し、フードドライブの実施や、身近な場所で食品を寄付できる環境づくりを進めています。
この取り組みを通じて、各ご家庭で購入した食品やお中元・お歳暮等でいただいたものなど、常温で保存している食品の在庫と期限の確認の習慣づけを促し、自身で消費しきれない食品をフードドライブに提供いただくことで、食品ロスの削減を目指しています。
集まった食材については、子ども食堂を運営する団体やフードバンク等に寄贈させていただいております。また、新型コロナウイルス感染症にかかわる失業・減収が広がる中で、日々の食事にも困窮される家庭が増加しています。そのような方々へ緊急的に食糧を提供することにより、生活維持、再建に向けた支援を推進することを目的としています。
3密(密閉、密集、密接)防止対策を講じた上で実施しておりますので、垣根を越えた広い活動へのご理解、ご協力をお願いいたします。

▼とき   8月3日(月)から8月7日(金)  午前10時~午後3時
▼ところ  松原市役所 1階ロビー
▼対象品目 ①米 ②乾麺(うどん・そばなど) ③乾物 ④缶詰 ⑤調味料 ⑥飲み物(お茶やジュース)などで次の条件をすべて満たすもの。
※未開封のもの。賞味期限が2ヶ月以上あるもの。常温保存できるもの。
▼主催 松原子どもの居場所づくりネットワーク
▼問合せ 松原市社会福祉協議会(TEL072-333-0294)

新鮮なお野菜のご寄附をいただきました。

JA大阪中河内松原支店様
 プチトマト・とまと・玉ねぎ・なす・じゃが芋・白菜・さやいんげん・水菜・ピーマン・とうもろこしと総重量13.3㎏を頂戴しました!

藤井寺市 藤田様
 コロコロ可愛いじゃが芋8.2㎏を頂戴しました!

新型コロナの影響で、各子ども食堂・子どもサロンは休止している所が多い中ですが、お弁当を作って配達している子ども食堂があります!
子どもの居場所づくりネットワークを通じて、そちらにお届けしました。

コロナ禍で大変な時期に、皆様の温かいお心、本当にありがとうございました。

社協まつばら7月号を発行しました!

社協まつばら7月号を発行しました!
今回号には、各種セミナーなどの行事を掲載しております。興味・関心のある方は、ぜひご参加をよろしくお願いします!
また、松原市社会福祉協議会の地域福祉活動に賛同していただける方への会員募集の記事も掲載しております。
ご協力をよろしくお願いします。
詳しくは、下記のURLからご確認ください。
http://www.matsubarashakyo.net/pr_magazine/pdf/magazine176.pdf